郡司公認会計士事務所

東京都新宿区の公認会計士事務所

WEBからのお問い合わせはこちら
電話番号
マンション管理組合の会計監査
事務所概要
財務に関することなどお気軽にご相談ください。当事務所の公認会計士が、豊富な知識・経験を生かし、あらゆるお悩みにお応えします。
ご相談はこちらから
郡司公認会計士事務所が考えていること

郡司昌恭
Masayasu Gunji

【資格】
公認会計士
税理士
AIPE知的財産アナリスト
経営革新等支援機関

【略歴】
(1977年)
栃木県大田原市生まれ
(1995年)
栃木県立大田原高等学校卒業
(2000年)
中央大学商学部会計学科卒業
公認会計士2次試験に合格し、監査法人太田昭和センチュリー(現 新日本有限責任監査法人)入社
(2004年)
公認会計士登録
(2007年)
同監査法人を退職
(~現在)
郡司公認会計士事務所代表(現任)
株式会社MAACパートナーズ代表取締役(現任)
(2017年)あおい税理士法人代表社員
(現任)

著書の紹介
就活生はユーホーをさがせ

Amazonキャンペーンでは4つのカテゴリーで1位を頂きました! 有価証券報告書(ユーホー)を使った企業研究の方法をわかりやすく紹介しています。就活、転職、投資、ビジネスなどいろいろな場面で役立つ情報が満載です。

郡司公認会計士事務所通信
会社役員なら“これだけは”知っておきたい!精選 会計キーワード

マンション管理組合の会計監査

マンション管理組合の会計監査とは

マンション管理組合は、組合員である区分所有者から徴収する管理費や修繕積立金を原資として、マンションの管理、大規模修繕などを行います。戸数や築年数によっては、保有する現金預金や積立金額は相当な額に上るケースも珍しくありません。

マンション管理組合では、収入と支出の状況及び財政状態を会計年度ごとに「収支報告書」や「貸借対照表」(以下、会計書類)として取りまとめて、通常総会において報告し、その承認を得る必要があります。

会計書類は、虚偽の記載がなく適正に作成されていることを保証するために、監事による会計監査を受ける必要がありますが、会計監査については、以下のような理由から外部の公認会計士に依頼されるケースがあります。

  • 監事に会計及び監査に関する十分な知識、経験がないため
  • 独立した第三者である外部の公認会計士に依頼することで、より客観性の高い監査が期待されるため

また、公認会計士の監査を受けていることで、マンションの資産価値が維持向上するとお考えの管理組合もあるようです。

当事務所では、マンション管理組合様からの依頼に基づく会計監査業務を行っています。

マンション管理組合の会計監査の対象

マンション管理組合の会計監査の対象は次の会計書類です。

  • 収支計算書
  • 貸借対照表
  • 財産目録
  • 附属書類

当事務所の監査 2つの特徴

特徴

当事務所は、会計・監査について豊富な知識と経験を有する公認会計士が直接現場に出向き、クライアントとコミュニケーションをとることによって、効果的・効率的に監査業務を遂行できるよう努めています。

特徴

監査責任者が直接クライアントとのやりとりを行いますので、迅速な判断と適切なアドバイスの提供を実現しています。

マンション管理組合の会計監査の料金

マンション管理組合の会計監査の料金は、150,000円(税別)からとなりますが、管理組合の規模(収入、総資産、戸数)や会計管理業務の外部委託の状況等により異なります。

お見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

【対応可能地域】
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、山梨県
※地域によっては、交通費を実費として別途頂くことがございます。

マンション管理組合の会計監査に関するお問い合わせ

マンション管理組合の会計監査に関するご相談(無料)を随時受け付けております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせは、以下のメールアドレスまでお願いいたします。
info@gunjicpa.com(24時間受付けております)

WEBからのお問い合わせは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

お電話でのお問い合わせは、以下のお電話番号までお願いいたします。
03-5464-3018(平日10:00-17:30)

ご相談はこちらから


〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目22番37号 ストーク西新宿福星ビル3階

電話でのお問い合わせ

メールのお方はこちらから

© Gunji Cpa Office ALL RIGHT RESERVED.