郡司公認会計士事務所

東京都新宿区の公認会計士・税理士事務所

WEBからのお問い合わせはこちら
電話番号
サービスについて
SERVICE
安心の税務・会計顧問サービス
公認会計士による会計監査
株式の価値評価/会社の財務調査
会計基準・各種開示文書への対応
財務に関する組織力の強化
財務調査(財務デューデリジェンス)
財務に関することなどお気軽にご相談ください。当事務所の公認会計士が、豊富な知識・経験を生かし、あらゆるお悩みにお応えします。
ご相談はこちらから
郡司公認会計士事務所が考えていること
郡司公認会計士事務所通信
会社役員なら“これだけは”知っておきたい!精選 会計キーワード

6 財務調査(財務デューデリジェンス)

財務調査(財務デューデリジェンス)が必要となるケース

財務調査とは、他社の株式の取得(買収)や他社との合併を検討したりする際に相手会社の財務状況を調査することをいいます。

財務調査は、相手会社の正常収益力や実態純資産を把握することを目的に行われ、財務調査の結果は、株式取得や合併を最終的に決定するかどうかの判断材料として用いられるだけでなく、株式の買い取り価格や合併比率の算定においても参考情報として用いられます。

財務調査の過程で、予期していなかったような財務上のリスクが発見された場合、その時点で買収等の案件が取り止めになることもあります。

財務調査は、「財務デューデリジェンス」や、それを略して「財務DD」などと呼ばれることもあります。

ご相談はこちらから

財務調査(財務デューデリジェンス)の流れ

財務調査(財務デューデリジェンス)は通常、以下のような流れで行われます。

財務調査(財務デューデリジェンス)の流れ

なお、現地調査から「財務調査報告書」の提出までの期間は、通常1週間から2週間を目安としてお考えください。
お急ぎの場合には、可能な限り対応させて頂きますので、ご相談下さい。

財務調査(財務デューデリジェンス)のポイント


財務調査(財務デューデリジェンス)においては、次のような事項がポイントになります。
・オフバランス項目(特に簿外債務)
・株主、役員等の関連当事者との取引
・資産の含み損益
・回収可能性のない資産
・過去の業績推移における異常項目

財務調査(財務デューデリジェンス)に必要な資料


財務調査(財務デューデリジェンス)に際しては、次のような資料をご用意頂きます。
・会社案内、パンフレット
・登記簿謄本
・財務諸表(決算書)
・税務申告書
・勘定内訳書
・総勘定元帳、補助元帳

その他は調査手続の内容によって異なります。

財務調査(財務デューデリジェンス)の料金

財務調査(財務デューデリジェンス)の料金は、調査範囲、規模、スケジュール等によって異なります。
買収や合併に伴って行われる財務調査(財務デューデリジェンス)の場合には315,000円(税込)~となります。
個別にお見積りいたしますので、お気軽にご相談ください。

財務調査(財務デューデリジェンス)に関するお問い合わせ


財務調査(財務デューデリジェンス)に関するご相談を随時受け付けております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

メールでのお問い合わせは、以下のメールアドレスまでお願いいたします。
info@gunjicpa.com(24時間受付けております)

お電話でのお問い合わせは、以下のお電話番号までお願いいたします。
03-5464-3018(平日10:00-17:30)

担当者が外出により不在の場合も速やかに折り返しご連絡致しますので、貴社名・ご連絡先をお電話受付にて頂けますようお願いいたします。

~財務調査(財務デューデリジェンス)は、東京都新宿区西新宿の公認会計士・会計事務所 郡司公認会計士事務所まで~

ご相談はこちらから


〒160-0023
東京都新宿区西新宿7丁目22番37号 ストーク西新宿福星ビル3階

電話でのお問い合わせ

メールのお方はこちらから

© Gunji Cpa Office ALL RIGHT RESERVED.